◆「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(2)

◆「イラマチオで吐けるように頑張る」という風俗嬢(2)

ブラックアジア in ジャパン
そもそも、イラマチオとは何なのか。ウィキペディアではこのように説明されている。

『イラマチオ (英: irrumatio、irrumation) は、オーラルセックスの一種で、男性が立ち、ひざまずいた相手の口の中に男性が自らの男性器を入れて、相手の頭部を手で持って前後させることにより男性器を相手の口に出し入れする行為である。語源はラテン語のirrumo(授乳する、吸わせる)の名詞形irrumatioから来ている』

厳格に言えばその通りなのだが、最近では「喉の奥まで無理やり男性器を女性の喉に突っ込むこと」という意味で使われていることが多い。呼吸が止まるほど女性の喉の奥にまで突っ込んでいくのだから尋常ではない。

当然、女性は苦痛を感じ、異物を無理やり押し込められることで吐き気をも催すことになる。いや、催すどころか実際に吐いてしまうことも珍しくない。

私の目の前にいるこのカサカサの肌をした女性は、激安デリヘルの仕事の中でそれを受け入れ、「イラマチオで吐けるように頑張る」と日記に書いているのである。

普通の女性であれば拒絶しても不思議ではない行為を受け入れるばかりか「頑張る」というのだから大したものだ。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事