◆一部の男が、生身の女性よりも下着に強く執着する理由とは

NO IMAGE

タイ警察は2012年1月25日にひとりの男を逮捕した。48歳のこの男は空き巣を専門にしている犯罪者で、バンコク・ヤワラー地区の宝石商から大量の宝石を盗んで逮捕されていた。

警察はすぐさまこの男の車の中から1000枚にも及ぶ女性の下着を発見した。余罪を調査するためにこの男の自宅を家宅捜査したところ、さらに大量の下着を発見した。

それは、1万枚にも及ぶ女性の下着だった。ブラジャー、靴下、ストッキング、肌着等、ありとあらゆる種類のものがあったという。

これは、盗んだ下着のコレクションとしては、世界最大のものかもしれないとタイ警察は考えている。

「この男は極度の下着フェチだった。車を運転しながらも下着を手放せず、すべての時間、下着の匂いを嗅いでいたようだ」

この男は18歳の時から女性の下着を盗むようになって止められなかった。本人は2000枚を盗んだところで、もう数えることをやめたという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事