◆イランの公開処刑。政府に楯突いた人間は容赦なく公開処刑

NO IMAGE

2005年8月2日、イラン・テヘランである判事が2人の若者に銃で撃たれて殺された。実行犯はマジード・カーヴースィーファルとホセイン・カーヴースィーファルという二人の男だった。

この2人はアラブ首長国連邦に逃亡するのだが、同国で亡命申請をしたところを逮捕されてイランに突っ返された。そして、2008年、「地上の悪」として公開処刑になった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net