◆カンボジア共産党の歴史

NO IMAGE

カンボジアの現代史を語る上でどうしても主役の座に踊り出るのは「共産主義」というキーワードである。

現在のフン・セン首相が標榜しているのも共産主義であり、前ヘン・サムリンもまた共産主義者であり、ヘン・サムリンの前に立ちはだかっていたポル・ポトもまた根っからの共産主義者である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事