◆ブラジルで、若い女性が殺されて解体され、ミートパイに

NO IMAGE

ブラジルで、カルト思想の一派が次々に女性を殺しては、解体してそれを食べ、さらにはエンパナダスというブラジルの料理(ミートパイの一種)にして売っていたという人肉食事件が発生している。

今後の調査によって事態は明らかになっていくと思われるが、被害者は10人を超える可能性があり、紛れもなく凄惨な連続殺人事件である。

首謀者はベルトラン・ネグロポンテという51歳の男だった。

この男は「プリフィケイション・オブ・ザ・ワールド&ザ・リダクション・オブ・イッツ・ポピュレイション」直訳すれば「世界浄化&人口削減」という奇妙な名前のカルト教団を運営していた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net