◆アンヘレス。米軍基地が発祥の退廃したフィリピン売春地帯

NO IMAGE

フィリピン編
フィリピンの売春地帯は、とても退廃した世界だ。しかし、そんな売春地帯に、チェリーと呼ばれるとても若い女性たちも普通に働いている。

チェリーというのはフィリピンの売春地帯では「処女」を指す。

信じられないことかもしれないが、これほど退廃した世界の中で、チェリー(処女)が「自分は処女である」と公言しながら売春地帯で働き、それを店も男も認知する。

それがフィリピンの売春地帯である。

しかし、フィリピンにしばらくいると、何となくそれが当たり前のようになってくるから不思議だ。

この国の宗教観と、この国の貧困が、ふたつ混じれば、このようになってもおかしくないと外国から来た男も何となく納得する。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事