◆カネがすべてだと言わんばかりの態度を剥き出しにした女性

NO IMAGE

フィリピン編
フィリピンのマニラの売春バーに、ひとりの女性がいた。ひっきりなしにタバコを吸い、いつもイライラしていて、落ち着きのない女性だった。

彼女は若い女性を何人も束ねていて、彼女たちを男に斡旋してはリベートを取るビジネスをしている。

こういったビジネスをする女性の元締めのような姉御が、東南アジアの歓楽街にはどこにでもいる。彼女もそのひとりで、男がやって来ると、飛んで行って若い女性を紹介する。

強引で、短気で、しつこかった。そんな彼女の、カネに飢えた、ギラギラした目が忘れられない。

カネしか信用しない、カネがすべてだと言わんばかりの態度が剥き出しになっていて、異様な迫力があった。まさに「売春地帯の女」という感じが、そこにあった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net