◆ますます深刻化していくアフガニスタンのヘロインとその影響

NO IMAGE

アフガニスタンのイスラム原理主義集団「タリバン」は2001年から始まったアメリカとの戦闘を10年以上も戦い続けてきたが、その資金源になっているのは「ケシ」である。

このケシは精製されて阿片になり、さらに精製されるとヘロインになる。

ヘロインは金になるので、CIAもNATOもみんな裏で麻薬売買に手を出している。それが世界中に拡散しているのは、すでに誰もが知っている。

ハミド・カルザイ首相の弟アフメド・ワリ・カルザイも、アフガンきっての麻薬密売業者のボスだったが暗殺された。

カルザイ首相もこれに懲りて麻薬から手を引くのかと思ったら、まったくそのような兆候はなく、今でもカルザイ政権がCIAやNATOとつるんでヘロインの密輸ビジネスをしている。

ヴォイス・オブ・ロシアでも、以下のように報道している。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事