殺戮大陸メキシコの狂気(8)麻薬カルテルを撲滅できるのか?

NO IMAGE

閲覧注意
メキシコの麻薬戦争は虐殺に次ぐ虐殺が続いている。

2012年5月13日もロイターの記事で「頭部などを切断された49人の遺体が見つかった」と記事になっているが、もう首が切断された残虐非道な死体が10体、20体、30体と見つかっても「またメキシコか」という状態になって誰も驚かない。

メキシコの麻薬組織は相次ぐ幹部の逮捕によって弱体化しつつあると言われているのだが、幹部が逮捕されたら報復で警察官が皆殺しにされたり、別の麻薬組織が勢いづいて膨張していったりしている。

また、巨大な麻薬の需要があるアメリカと隣接していて、アメリカとメキシコの国境では銃が野放しになって買えるので、麻薬組織は一時的に弱体化してもすぐに勢力を盛り返す。

ここ数年、ずっとそんな状態を繰り返しながら、凶悪犯罪が立て続けに起きている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事