殺戮大陸メキシコの狂気(6)次から次へと殺戮が続く国家

NO IMAGE

閲覧注意
メキシコでは2011年早々から麻薬カルテル同士の抗争が起きており、15体の死体が見つかっている。観光地であるアカプルコだ。

案の定、死体の14体は首が切断されていた。他の場所でも死体が発見されていて計27人が死んでいるが、この観光地にも麻薬カルテルの暴力が取り巻いていることが分かる。

シナロア・カルテルの縄張りを他のギャングが侵入してきたことによる報復なのだという。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事