殺戮大陸メキシコの狂気(7)組織誇示で35人を虐殺する国

殺戮大陸メキシコの狂気(7)組織誇示で35人を虐殺する国

閲覧注意
2011年9月20日。メキシコ東部のベラクルス州で2台のトラックが夕方5時頃のラッシュアワーで混雑する道路で停まり、突然、男たちが次々と死体を道路に投げ捨てた事件があった。

その遺体は35人で、23人は男、12人は女だった。死体は頭に黒い袋がかぶせられており、拷問の痕があり、手足を縛られていたという。

事件の起きたボカルリオはベラクルス州でも人口の多いところだが、やはり麻薬組織の抗争が激しいところで、殺されて道路に転がされていた人間たちも、全員ドラッグ絡みの関係者だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事