◆風俗で盗撮。表社会で生きている男は、これで仕事も家庭も一瞬にして失う

◆風俗で盗撮。表社会で生きている男は、これで仕事も家庭も一瞬にして失う

風俗でトラブルを起こして逮捕される男は、たまにメディアで報道されたりする。風俗の逮捕で多いのは、女性に強制本番を強いて通報される事件と、女性との行為を盗撮して通報される事件である。

あと、女性を殴りつけたり、ナイフを持ちだして脅したり、ドラッグを強要しようとしたり、ストーキング行為をしたりして逮捕される男もいる。

以前、何人かのデリヘル嬢に「警察沙汰になったことはあるのか」と聞いたことがあるのだが、私が話を聞いた女性は警察沙汰になるまでの経験はなかった。

ただ、それはトラブルがまったくないということを意味していない。デリヘルでは本番の強要は毎日のように起きている。さらに盗撮されそうになったことも日常茶飯事であるようだ。この「盗撮」が風俗嬢にとっては悩みの種だ。

「流出させない」という条件で、撮影をオプションで付けている店もあるのだが、ほとんどの女性は撮影されるのを望んでいない。

それは当然のことである。彼女たちの多くは誰にも言わないでこのビジネスを行っているし、自分の行為が自分の知らないところで流出することに恐怖を感じている。特にインターネット時代の現代は映像の流出は止められない。

アダルトサイトで流された盗撮動画で身バレした女性もいる。偽名であっても、誰かが本気で追及したら発掘されてしまうのが今の時代なのである。ある意味、隠れて風俗で働いている女性にとっては恐怖の時代でもある。

しかし、それでも盗撮を試みる客や盗撮を成功させる客が後を絶たないので、風俗で働く女性を悩ませている。

なぜ、男たちは盗撮に血道を上げようとするのか。それは言うまでもなく、盗撮しやすい機器が揃ってきていて「成功確率が上がっているから」に他ならない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

事件カテゴリの最新記事