◆名誉殺人。自分の父親に殺された20歳女性の切断された頭部

NO IMAGE

閲覧注意
中東やインド圏ではしばしば”honour killing”(名誉殺人)が起きて、若い女性が家族の手で殺されている。あるいは、殺される一歩手前にまで追い詰められている。

アフガニスタンで鼻を削がれたビビ・アイシャも夫から逃げようとして鼻と耳を削がれた。彼女は殺されなかったが、容姿は傷つけられた。

同じくアフガニスタンでは浮気を疑われた女性が、夫に公開処刑で銃撃されるという事件もあった。ヨルダンでは、スアドが生きながら焼かれて全身大火傷になった。

イギリスに渡ったパキスタン人の夫婦が、イギリス風に染まる娘を名誉殺人で殺したという事件もあった。(シャフィリア・アハメド。父親に殺された17歳の女性の悲劇

名誉殺人は、過去の遺産ではなく、未だに中東や南アジアでは普通に起きている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net