◆かつて、フィリピンの闇で起きていた日本人誘拐殺人の真相

NO IMAGE

海外に出ると、日本人は現地の日本人に狙われることが多いという。これは日本人だけに起きているケースではない。

韓国人が海外に出ると、同じ韓国人に騙されたり殺されたりしている。フランス人も、アメリカ人も、同国人に騙される。

それは、異国の地で同国人に会うと言葉や文化が通じるということや、寂しさや心細さから解放されるというところから、どうしても心を許してしまうからだ。

悪い人間であればあるほど、最初は親しげに、そして好感度抜群の笑顔で近づいて来る。だから、同国人であるという共通項も手伝って、すぐに打ち解けて「友達」になってしまう。

そういった旅の出会いの一期一会が楽しかったり、印象に残ったりするのだが、無防備に信用したら恐ろしい結果になることもあるのは残念だ。

最近は、タイやフィリピンに「困窮邦人」が山のようにいることがよく知られるようになった。

実は、そういった人は昔からいた。以前、フィリピンを舞台に起きた殺人事件があったが、あまり知られていないので、紹介したい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事