◆狼少女カマラは悪魔が創造したのか、私たちが悪魔なのか?

NO IMAGE

シング牧師が記したあまりに有名な「狼少女アマラとカマラ」の記録は長い間真実だと思われてきた。

しかし、これは孤児院経営の資金を得るためにシング牧師が記した脚色(捏造)だったという説が出てきて、最近は否定説の方が信じられている。

狼は人間の子供を育てるような動物ではなく、狼の乳も人間の子供に適さない。また、長距離を移動する狼に、人間の子供が対応できるはずもないのが常識なのだという。

ところが、インドでは狼に育てられた子供の話はアマラ・カマラだけでなく他にも存在する。

他国トルクメニスタンでも、1957年には狼に育てられた子供が地質学者によって発見された。

実は動物によって育てられた野生児の話はひとりふたりではなく、世界中に数多く存在している。10年間、ダチョウと一緒に暮らした少年もいる。アフリカではチンパンジーに育てられた少女がいた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net