◆人肉を食べたいという衝動が抑えられなかった29歳の女性

NO IMAGE

閲覧注意
2011年、29歳のあるフィリピン女性が、インドネシアで逮捕された。彼女の名前は明らかにされていない。彼女は結婚していたが、あるとき彼女の夫の姿が消えた。

彼女は大して気にする風でもなく、たまにパーティーを開いて友人たちに肉料理を振る舞った。

友人たちはそれがとてもおいしい肉料理だったと言っていたのだが、それは後で「人肉料理」だったと分かった。

彼女は、夫を殺害してバラバラに解体して、それを冷蔵庫に保管して、自分で食べ、人にも食べさせていたのだった。

恐るべきことに、被害に遭ったのは彼女の夫だけではなかった。彼女は数年に渡って約30人の女性を殺して、それを食べていたのだった。

警察の立ち会いの下で、彼女の部屋の冷蔵庫が開けられると、そこには彼女が解体した人間の手足や、臓器がいっぱいに冷蔵庫の中に詰められていた。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事