◆虐殺が続いて無政府状態と化すミャンマーのクーデター事件の裏側にあるもの

◆虐殺が続いて無政府状態と化すミャンマーのクーデター事件の裏側にあるもの

閲覧注意
ミャンマー情勢はますます混沌としてきている。2020年11月8日の選挙でアウンサンスーチー率いる国民民主連盟(NLD)が圧勝すると、軍は事実上のクーデターを起こして政治を乗っ取ってしまった。(ブラックアジア:ミャンマー動乱。なぜ誰も支持しないミャンマー国軍が勝つ可能性があるのか?

ミャンマー国民はすぐにこれに蜂起したのだが、軍は強硬で抗議デモを行う国民を次々と射殺していった。吹き荒れる暴力と混乱する経済の中で、ミャンマーはすでに半年近くも混乱したままである。今なお収束する兆しはまったくない。

国軍は凶暴で容赦がない。AFPはこの抗議デモによって死者は少なくとも700名を超える状況になっていると報道した。「虐殺」が起きているのだ。抗議デモに参加するというのは、もはや戦闘行為の最前線に立つというのと同じとなった。

こうした大虐殺に参加しない人たちも軍のクーデターに抗議するために、自分の仕事をボイコットするという手段に出ている。

2020年にはコロナ禍によって大ダメージを受けたミャンマー経済は、さらにクーデターによる混乱と大規模ストライキによる経済停止によって、いまや国家崩壊につながりかねないほどの凄惨な状況と化した。

事態がどのように収束するのかは、誰も分からない。軍が引き下がるのか、それとも大弾圧を繰り広げたまま独裁政治を継続していくのか、膠着したまま何年も続くのか……。

ひとつ言えることがある。しかし、どのような結末になったとしても、ひとつ言えることがある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事