◆荒廃した売春の現場で危険な男を受け入れる女たちの末路がこれだ

◆荒廃した売春の現場で危険な男を受け入れる女たちの末路がこれだ

閲覧注意
売春する女たちが常に危険なのは、ストリートで出会う男が「何者か分からない」ということだ。

相手の男は不誠実な男かもしれないし、金を支払う意志のない男かもしれないし、病気を持っている男かもしれない。

それだけではない。常軌を逸した変態的行為を欲する男かもしれないし、ドラッグやアルコールで正気を失っている男かもしれない。あるいは、女性を憎んで暴力を振るう男かもしれないし、殺人鬼かもしれない。

外見や雰囲気で何となく察することができる時もあるだろうが、そうでない時もある。また、少し様子がおかしいと思っても、金を払うと男が言った以上、受け入れる必要もある。

かくして売春する女たちは、関わってはいけない男と関わることになってしまうのである。

その結果、女性は激しく痛めつけられることもあれば、殺されることもある。アメリカでは、ストリート売春をする女性の83%は武器を突きつけられ、82%は売春行為の中でレイプ被害に遭っていた。(ブラックアジア:危険なストリート売春をする女性が体験している7つの地獄

どこの国でも売春する女たちは無残に殺されている。客と揉めてナイフで抉られ、内臓をこぼしながら大量失血死した女性も珍しくない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事