◆レイプツリー。密入国のためにレイプされる女性はトランプ時代でも減っていない

◆レイプツリー。密入国のためにレイプされる女性はトランプ時代でも減っていない

メキシコとアメリカの国境地帯はドラッグと密入国が横行するアンダーグラウンドになっているのは誰もが知っている。

アメリカに行けば稼げる。だから、貧しさの中で生きている多くの女性が少しでも家族を楽させたいと思って、豊かな大国アメリカに渡ろうとする。しかし、アメリカに正規のルートで渡るのはとても難しい。

アメリカは、ドナルド・トランプの時代になってから、国境(ボーダー)から流れてくる不法移民とアメリカの裏に潜む密入国者にはひどく厳しくなっている。

だから、どうしてもアメリカに渡りたい中米の人々は密入国をするのだが、そこで「コヨーテ」と呼ばれる密入国ルートを手引きする人間たちにレイプされるのである。コヨーテに逆らうと、砂漠に置いてけぼりにされてしまう。従うしかない。

かくして、コヨーテはレイプした女性たちの下着を勲章として木に引っ掛けて飾る。いつしかこれが”Rape Tree”(レイプツリー)と呼ばれるようになっていった。

メキシコとアメリカの国境地帯は広大な砂漠になっており、たとえばメキシコのソノーラ州とアメリカのアリゾナ州は、ほぼ500キロに渡る砂漠の国境が続いている。

このレイプツリーだがトランプ大統領が激しくメキシコ移民を排除する中で、減っているのか? それが、減っていないのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net