◆中央アフリカ。国際社会から見捨てられ暴力地帯と化した国

◆中央アフリカ。国際社会から見捨てられ暴力地帯と化した国

中央アフリカの惨状はこちらでも書いた。キリスト教徒とイスラム教徒が互いに殺し合っている。現在、この国はほぼ国家崩壊したと言っても過言ではない状況であり、国内に暴力が満ち溢れている。

大虐殺(ジェノサイド)が懸念されているのだが、局地的にはもう虐殺が次々と起こっていて、これが全土に広がるのも時間の問題であると言われている。

経済はすでに破綻しており、物流も止まっている。内部は暴力が蔓延しているので、救援物質を運ぶことすらできない。

キリスト教徒とイスラム教徒が互いに相手の村を攻撃し、レイプ、皆殺し、拷問、処刑、略奪、放火を行っている。

そのような状態が続いていることから、村人はそこに住むことができず、63万人が難民となり、そのうちの半分は周辺国であるスーダンやコンゴ、カメルーンに逃れている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事