◆ある人妻が、好意を寄せてくれた若い男と愛を育み、心中へ

NO IMAGE

シンガポール・ゲイランには多くの置屋(売春宿)があるのだが、その周りを囲むように建っているのはナンバー・ホテルである。

タイでも同じなのだが、ナンバー・ホテルというのは早い話が、日本のラブホテルと同じだ。多くのシンガポーリアンのカップルが時間制で部屋を借り、情事を済ませて帰って行く。

2012年3月のある日曜日の夜。

このシンガポール・ゲイランのホテルで、ある外国人の男女が血まみれになって死んでいるのが発見された。

男性はバングラデシュ国籍の22歳。女性はフィリピン国籍の33歳だった。彼らは仕事のためにシンガポールに出稼ぎに来ており、男はエアコンの修理の仕事、女性はメイドの仕事をしていたことが分かっている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事