◆ナスターシャ・キンスキーが映画『テス』で見せた薄幸の由来

NO IMAGE

クラウス・キンスキーという俳優がいる。この俳優は、自分の娘ポーラを性的虐待し、さらにその妹ナスターシャも性的虐待する寸前だった。

その事実をナスターシャ・キンスキーが2013年1月13日のドイツ紙のインタビューで告白して、波紋を呼んでいる。

父クラウスも、姉ポーラ、そしてナスターシャも共に俳優で、特にナスターシャ・キンスキーは一世を風靡した美人女優だったので、彼女のことを覚えている人も多いかもしれない。

最近の彼女の写真を見て、これがかつての『テス』を演じていた女優だと結びつかなかった。

彼女は若い頃から影のある女優で、まだ未成年の15歳の頃から映画監督であるロマン・ポランスキーの「愛人」だったことはよく知られている。

彼女の持つ「影」は、ロマン・ポランスキーとの関係で生まれたのかと思ったが、そうではなく父親クラウス・キンスキーとの関係で生まれたのかも知れない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net