◆絶叫するカーラ。インドの売春地帯にやって来る男は獲物

NO IMAGE

インド編
いつもの如く、夜も9時を過ぎた頃にソナガシの奥の奥を歩いていると、大勢固まって立っている女性のひとりが飛び出してきた。そして、腕をがっしりとつかんで離さない。

アーリア系民族独特の高く隆起した鼻、そして落ち窪んだ眼窩に、幾重にも折り重なったまぶた。典型的なインド女性の姿だった。目尻に皺が見える。

「ジキジキ!」

彼女は大声でそう叫ぶ。そして、建物の中に引きずり込もうとする。普通、男に選んでもらおうとする女は多少なりとも媚びるような笑みを浮かべるものだが、彼女は違った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事