◆「同性愛者は死ね」ブラジルの同性愛者を襲う暴力の光景

NO IMAGE

閲覧注意
タイのレディーボーイ、フィリピンのバクラ、アメリカのシーメール、ブラジルのベアード。売春地帯には必ず女装した性転換者・同性愛者がいる。

大半の男は「女」を求めて売春地帯にやって来ているので、目の前に女装した男がいたら戸惑う。

女装者の中には、女性顔負けの美人もいたりするわけで、暗がりで美しい容姿の人を見たら「もう性別はどうでもいい」と思う男がいても不思議ではない。

女装者が売春地帯に立つのは、同じ性癖の男を捜しているというよりも、「性別はどちらでもいい」と思ってくれる寛大な男を求めているからでもある。

何しろ「性転換者・同性愛者の市場」は極端に小さいので、「異性愛者の市場」を狙うしかないのである。しかし、そこに悲劇が生まれる。何が起きるのか……。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事