◆「私も売春地帯で働きたい」という女性読者の強い衝動を抑制していたもの

◆「私も売春地帯で働きたい」という女性読者の強い衝動を抑制していたもの

ブラックアジアは売春地帯を描くところからスタートしている関係上、そのコンテンツには売春する女たちの話と、売春の現場と、売春に関わるアンダーグラウンドの動きに関する記事は凄まじく大量にある。

ブラックアジアは「日本最大の売春考察サイト」であるとも言える。

そうした関係もあって「売春地帯に行きたい」という男たちや、「セックス産業で働きたい」という女たちからコンタクトを受けることも多くある。そのような決意があるのだから、私のひとことが彼らの背中を押すことも当然ある。

ブラックアジアがきっかけで大学をやめて海外の売春地帯に入り浸る生活をするようになった人もいるし、タイやカンボジアの売春地帯にハマるようになった人もいるし、私が紹介した場所で襲われた人もいるし、エイズになってしまったと連絡をくれた読者もいる。

また、ブラックアジアがきっかけでセックス産業で働いたり、売春ビジネスに足を踏み入れた女性読者もいる。「性」が絡む記事は、読み手もまた自分の中にある「性」を顕在化させる作用があって、それが行動を促すのである。

ただ、ブラックアジアを読んだからと言って、誰もが売春やセックス産業に足を突っ込むわけではない。そのような世界があったとはしても、きちんと一線を引いて関わらないようにしてる人もいれば、足を踏み入れたいと思っても逡巡したまま何もしない人もいる。

売春地帯はセックス産業に関心を持ち、そこに踏み入りたいと思っている人でも、大きなためらいがあって結局は「参入しない」人は大勢いる。何が彼らを逡巡させているのか。

ブラックアジアの読者が、売春地帯やセックス産業に足を踏み入れない大きな理由は、もちろん「道徳」ではない。彼らを逡巡させているもののうち、大きなウェイトを占めているのは何だったのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事