◆アウンサンスーチーの時代とミャンマー利権を狙う欧米諸国

NO IMAGE

2015年11月8日、ミャンマーで実施された総選挙で、アウンサンスーチー氏が率いるNLD(国民民主連盟)が圧倒的な勝利を手にした。これにより事実上のアウンサンスーチー政権が成立した。

今後、アウンサンスーチーによって、この国はグローバル社会に飛び込んでいく。いよいよミャンマーの歴史が大きく動き出すことになる。

ミャンマーは、かつてイギリスとの戦争に敗れて100年近くイギリスの植民地にあった。

この国からイギリス人を追い払ったのは独立闘争の父アウン・サン将軍だが、このアウン・サンと彼の同士、いわゆる「33人志士」を育て上げたのが日本だった。

ミャンマー(ビルマ)を独立させたのは日本(大日本帝国)だったが、日本が劣勢になると、アウン・サンは日本軍を裏切ってイギリス側に寝返り、さらには1948年にはそのイギリスからも独立することになった。

アウン・サンはその過程で政敵に暗殺されているが、アウン・サンの強烈な独立の意思と闘争がなければミャンマーは独立することすらできなかった。アウン・サンを建国の父としてミャンマー人が敬愛するのは正しい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事