◆アダルトビデオ業界が急激に政府と警察に絞められている

◆アダルトビデオ業界が急激に政府と警察に絞められている

日本は今までアダルトビデオに対して野放しだったが、ここに来て「強制的に出演させた」という問題で関係者が次々と逮捕される事態になっている。

2016年10月4日も、東京都渋谷区の芸能プロダクション「バンビ・プロモーション」「F2Fエンターテインメント」「ディクレア」「ARTEエンターテインメント」「オールプランニング」「CLAP」の経営者たちが立て続けに書類送検されている。

これらの会社はアダルトビデオのメーカーではなく、女優の派遣会社である。

すでにアダルトビデオ業界は分業制になっていて、メーカーは女優を派遣してもらって動画を撮り、女性の管理はプロダクションに任せている。

アダルトビデオに出演させる女性を見つけて、管理するのは大きなリスクであり、メーカーはそのリスクをプロダクションに押し付けて自分たちは制作・販売に注力している。

アダルトビデオに出る女性は言ってみれば「消耗品」である。新鮮味がなくなれば、すぐに捨てられて新しい女性に取って変わる。次から次へと新しい女性を見つける必要がある。

この「次から次へと女性を見つける」という部分にリスクが潜んでいたことが明るみに出てきている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

ポルノカテゴリの最新記事