◆レイプされて殺され、野生動物に食べられた女性の遺体

NO IMAGE

閲覧注意
世の中には、不幸で不運な最期を遂げる女性も多い。ジェニファー・アパレシダ・デ・シウバという20歳の女性大学生は、さしずめそんな女性のひとりだったかもしれない。

ブラジル、ミナスジェライス州に住んでいた彼女は穏和で敵のいない心優しい女性だったが、ある夜、忽然と行方不明になった。

その後、彼女は遺体となって発見された。たまたまゴミを捨てに外に出た男に発見されて警察に連絡されたのだが、そのときの彼女の遺体は悲惨のひとことに尽きた。

彼女はレイプされ、殺されていた。そして、彼女の上半身の皮膚はほとんどなくなり、腕も遺体から外れてしまっていた。

屋外でレイプされて、捨てられた遺体を、野生動物が食べてしまっていたのである。

レイプされて、ほとんど裸のまま草むらに放置されるだけでも充分にひどい犯罪だが、その上に野生動物に食べられてしまうわけで、不幸で不運というのは、彼女のためにある言葉だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事