バイデン

トランプの敗北。グローバル化と反グローバル化の戦いは、これから始まる

ドナルド・トランプは公然と移民の排斥を訴え、グローバル化よりもアメリカの労働者の権利を守ろうとし、アメリカに製造業を戻そうとし、アメリカ人の国益を最優先に考えた。普通のアメリカ人にとってそれは良かったかもしれないが、エスタブリッシュメントにとっては明らかに邪魔な存在だった。(鈴木傾城)

◆リベラルのマスコミが必死に隠しているハンター・バイデンの流出画像

「史上最も醜い大統領選挙」も、いよいよあと一週間となった。あまりにも混戦で勝敗は分からない。 リベラルなマスコミは、もうジョー・バイデンが勝ったような報道をしているのだが、モノ言わぬ「普通のアメリカ人」がどちらに投票するのかはまだ未知数だ。どのみち来月には勝敗はつくので、予測せず静かに見守りたい。 しかし、日本でもそうなのだが、欧米でもマスコミが偏っているというのは常々言われていることなのだが、ア […]