女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人たちは更生などできない

女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人たちは更生などできない

1988年に東京都足立区綾瀬で起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」は、今なお語り継がれる凶悪少年犯罪だった。

17歳の女子高生が路上で不良グループに拉致され、約40日に渡って凄惨なレイプ、リンチを受けて、ボロボロになって死亡、遺体はコンクリート詰めにされて東京湾埋立地に遺棄された。

この不良グループはこの事件の前にも別の女性を2名レイプしており、さらに被害総額220万円にもなる店舗荒らし、そして、分かっているだけで20件以上になるひったくりをやっていた。

このひったくり事件で余罪を追及している中で、女子高生コンクリート詰め殺人は発覚していたのだ。

この16歳から17歳の不良グループが起こした少年事件は、全貌が明らかになるに連れて日本中が震撼した。

この不良グループは女子高生を脅して最初にホテルに連れ込んでレイプし、たまり場になっていた自宅の二階に女性を連れ込んで、グループ全員で代わる代わる昼も夜もレイプし続けた。

彼女をレイプしたのは中心となった少年4人だけではない。この不良グループの関わる暴走族仲間なども含めて、関わった男は数十人を超えていた。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

日本最悪の「女子高生コンクリート詰め殺人事件」

昼夜限りなく続くレイプに彼女が意識を失うと、バケツの水に頭を突っ込んで意識を取り戻させて、再びレイプし続けるという状況だった。

彼女は逃げようとしたが連れ戻されて、以後は激しいリンチを受けるようになる。

殴る、蹴る、陰毛を剃られる、陰毛を焼かれる、ライターの火を押し付けられる、シンナーを無理やり吸わされる、ウイスキーや焼酎を強制的に飲まされる、自分の尿を飲まされる、ロウソクの火を顔面に垂らされる……。

そして最後には、1.7キロの鉄球を何度も何度も腹に落とされて、彼女は身体をブルブルと痙攣させながら死んでいった。

翌日、この不良少年たちは彼女の遺体を毛布に包んで旅行かばんに入れて家から持ち出し、近くから盗んだドラム缶にゴミのように彼女の遺体を突っ込み、コンクリートで固めて東京湾埋立地に捨てた。

彼女の遺体は検死で手足は重度の火傷でただれ、脳は萎縮していたのが分かっている。

この事件で行われた被害者への暴行は、常軌を逸するものであったと言える。しかし、少年たちは「少年である」が故に、死刑にもならなかった。

中心人物だった宮野裕史は懲役20年。2009年にはすでに出所している。そのサブリーダーだった小倉譲は5年~10年の不定期刑で1999年に出所だった。

監禁部屋となった自宅を提供していた湊伸治は懲役5年以上9年以下で2008年に出所、この中で一番目立たなかった渡邊恭史は懲役5年以上7年以下の不定期刑だった。

すでに全員が出所しているのだが、刑務所でこの男たちが更生するわけがなく、宮野裕史は振り込め詐欺グループの一員になって2013年1月10日に再逮捕、小倉譲は知人を拉致して5時間に渡る監禁と暴行で再逮捕されていた。

渡邊恭史は出所後は引きこもりになって母親と共に姿を消してしまったのだが、湊伸治はどうだったのか。

地獄のようなインド売春地帯を描写した小説『コルカタ売春地帯』はこちらから

湊伸治は45歳になっても、更生していなかった

2018年8月19日、埼玉県川口市でひとつの事件が起きている。

駐車トラブルで45歳の男が「なんだ、こら! この野郎!」と相手を激しく威嚇しながら襲いかかり、警棒で殴りつけ、最後にはナイフを取り出して相手の首を刺したのだった。

この男は2ヶ月前に埼玉県川口市に引っ越してきたのだが、当初から他人を威嚇するように歩き、時おり意味のない咆哮のような奇声を上げて近所の人々を威嚇していた。

この45歳の男は誰だったのか。

この男こそが女子高生コンクリート詰め殺人事件で自宅を監禁部屋として提供していた湊伸治だった。

普段から人を殴るための警棒や威嚇のためのナイフを所持していた。ナイフは刃渡り8センチのものであり、これで刺せば十分に人を殺せる「凶器」だ。

2008年に出所して、以後はムエタイ選手としてデビューしたのだが続かずにやめて、以後は大阪に引っ越したり福島県に引っ越したりして流浪しながら生きていて、45歳には埼玉県川口市にいた。

この10年で東欧系の外国人女性と結婚もしていたのだが、結婚がどうなったのかは分かっていない。

娑婆(しゃば)に出てから更生したのかというとまるっきり更生しておらず、相変わらず他人を威嚇して近所をうろつくような生活をしていたのだから救いようがない。

この男はこの事件でまた刑務所に逆戻りになるのだが、どのみち5年から10年以内でまたすぐに出所する。出所したら50代になっているのだが、では50代で更生するのかと言うと正直言って疑問でしかない。

出てくれば、また似たような暴力事件をどこかで起こすことになる。なぜか。それがこの男の生き方であり、行動パターンだからだ。世の中には、何をどうしても更生できないクズがいるのである。

インドネシアの辺境の地で真夜中に渦巻く愛と猜疑心の物語。実話を元に組み立てられた電子書籍『売春と愛と疑心暗鬼』はこちらから。

性善説など信じていると、次の犠牲者は自分になる

長く刑務所に入れて規則正しい生活をさせ、時おり懺悔の反省文を書かせたら、その人間の持つ異常性や凶暴性はすっかり消えてなくなってしまうのか。

長い時間、表社会と隔離しておいておけば、人間は純真で真っ当な人間になっていくのか。

たとえば、昼夜ともに続く激しいレイプや凄惨なリンチに苦しみもだえた女性が「もう、殺して」と訴えたときに、仲間と一緒に爆笑するようなケダモノは、刑務所で「自分と向き合う時間」ができたからと言って正しい人になれるのか。

中には、自分のやってきたことを心から恥じて、真っ当な人間になっていく受刑者もいるかもしれない。

しかし、凶悪犯罪者の多くは再犯で逮捕されるのを見ると、もともと他人に優しさを持てない人間は「最初からそういう人間」なので更生は難しいと考えた方がいいのではないか。

10代で暴力と犯罪で生きてきて反省もないのであれば、20代になっても30代になっても40代になっても「そのまま」ではないのか。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人たちを見ると、人間の「本性」というのはそう簡単には変わらないというのが分かる。何十年も刑務所で更生の機会を与えられても、本性はまったく変わらない。

この世には「性善説」を信じる人もいるが、アンダーグラウンドで人間のクズどもを目にすると、そんなものは一瞬の間に吹き飛んでしまうはずだ。

人間社会には、凶暴凶悪で残酷で暴力的で非人間的な人間が、履いて捨てるほどいて、こうした人間は何をどうしてもまともな人間にはなり得ない。

女子高生コンクリート詰め殺人事件の犯人たちは更生などできない。そして、世の中にはケダモノが害虫のように社会の底辺でうごめいている。それがリアルな現実である。

性善説など信じていると、次の犠牲者は自分になる。(written by 鈴木傾城)

人間社会には、凶暴凶悪で残酷で暴力的で非人間的な人間が、履いて捨てるほどいて、こうした人間は何をどうしてもまともな人間にはなり得ない。性善説など信じていると、次の犠牲者は自分になる。

この記事のツイッター投稿はこちらです

この記事を気に入って下さった方は、リツイートや♡(いいね)を押して頂ければ励みになります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事