◆バンコクで日本人男性が行方不明、見知らぬ女が部屋を物色

NO IMAGE

2014年9月21日、タイ・バンコクでひとりの日本人が行方不明になった。

この人は「島戸義則」という名前の愛知県出身の79歳男性なのだが、タイで長期滞在しながら日本語教師をしていたという。

連絡が取れなくなったのは9月21日だったが、警察に捜索願いが出されたのは10月14日だった。23日近く、彼は行方不明のまま音沙汰がなかったことになる。

彼の息子がバンコクに出向かって捜索願いが出された。警察と共に行方不明になった島戸義則氏のシーワラマンション1の10階の部屋に行くと、無人のはずの部屋には、なぜかひとりの女性がいた。

40代のタイ女性で、この女はカツラと帽子をかぶって部屋を物色しており、持参してきたスーツケースに彼の所持品を盗もうとしているところだった。

この不審なタイ女性と彼は知り合いで、「島戸さんは、タイ東部の病院にいる」と警察に語ったという。しかし、警察がその病院に問い合わせたところ、彼はそこにいなかった。

You need to be logged in to view the rest of the content. お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事