◆オーバーキル(過剰殺戮)。めった刺しをする男の中にあるのは何か?

◆オーバーキル(過剰殺戮)。めった刺しをする男の中にあるのは何か?

閲覧注意
中国でひとりの売春ビジネスで生きていた若い女性がめった刺しにして殺された。貧困の売春地帯ではよくあることだ。男と女は秘めた密室の中で意外に揉める。

女は「金、金、金」と男に突きつけて怒らせたのかもしれない。あるいは男は最初から金を払うつもりがなかったのかもしれない。女はあまりにも事務的だったのかもしれない。男はあまりにも乱暴で女が怒ったのかもしれない。

女は男の容姿や行為を馬鹿にしたのかもしれない。逆に男が女の容姿や行為を馬鹿にしたのかもしれない。

売春の現場では男と女は出会ったばかりであり、しっかりとした結びつきがないまま衝突すると、突如として殺意が湧き上がり、それが激情となって殺人に向かうことがある。

ところで、「めった刺し」というのは、何を意味しているのだろうか。それは、異常でサディスティックな犯罪者の仕業なのだろうか。

めった刺しは「オーバーキル」とも言われる。これは「過剰殺戮」と日本語では言われるのだが、面白いことに「オーバーキル」は、必ずしもサディストやネクロサディスト(死体損壊愛好者)の範疇には入らないこともあるという。

めった刺しというオーバーキル(過剰殺戮)がサディストの範疇に入らないというのは、どういうことなのか。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事