◆女たちは「しがらみのない顔」になる。ハイエナはそれを許容すべき

◆女たちは「しがらみのない顔」になる。ハイエナはそれを許容すべき

日本だけに限らないが、いまや真夜中の世界は整形手術は完全に当たり前であり、整形手術をした女性を嫌っていたら何もできない世の中になっている。

今まで私が日本の夜の世界で知り合った女性たちも、かなりの確率で整形手術をしていたのではないかと思っている。

「整形しているの?」と聞くのは失礼だし、聞いても正直に答えてくれるわけでもないので本当のところは分からないが、明らかに整形を感じる女性がいる。

整形手術と言えば、極度なまでに派手な整形手術を行う女性も多くて、こうした女性は「整形顔」と言われるのだが、実はそこまで極端なことをしていなくても、目を二重にするとか、大きくするとか、唇の厚さを変えるとか、ほんの小さな手術をしている女性も多い。

控えめな整形手術は、まず分からないことが多い。

最近の風俗はほぼ100%インターネットで集客するのだが、インターネットで指名が取りたければ、まず言われるのは「顔出しすればいい」ということである。

顔出しすると、自分の親親戚、同級生、友人、近所の顔馴染みのすべてに「顔バレ」する可能性があって、非常に危険だ。しかし、若い女性でも平然と顔出ししている女性がいるのだ。

怖くないのか。彼女たちには、どのような理由で「平然」としていられるのか。もちろん、トリックがあった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事