◆海に捨てられたゴミはどこにいくのか。それはあなたの口の中である

◆海に捨てられたゴミはどこにいくのか。それはあなたの口の中である

日本海側では凄まじいゴミが中国・韓国・北朝鮮・ロシアから流れ着いて問題になっている。その多くはプラスチック製のゴミなのだが、冬季になると凄まじくゴミの量が増える。海流に乗ってゴミが辿り着くのだ。

環境庁の出している資料『平成28年度廃ポリタンク漂着状況』を見ると、最も東アジアからのゴミ被害に遭っているのは、次の県だ。

新潟県、石川県、島根県、山口県、長崎県、鹿児島県。

どこからゴミが流れてきているのか。そのほとんどは「韓国語表記」であると環境庁は簡潔に記している。

このゴミ被害は年々拡大化する一方で、2018年3月には、島根県や鳥取県の海岸でなんと2300個以上のポリタンクが漂着していることが分かった。

強い酸性の液体が入ったものもあり、「発見したら触らないで警察や消防署に連絡するように」という騒ぎになった。これは韓国の海苔メーカーが捨てていることが分かっているのだが、日本のマスコミはなぜか責任追及はしていない。

北朝鮮からはゴミどころかボロボロの木造船で遺体までが流れ着いている始末だが、とにかく日本海側にはいろんなものが流れ着いている。(鈴木傾城)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事