◆本番を強要されて抵抗したデリヘル嬢が血まみれになった現場

◆本番を強要されて抵抗したデリヘル嬢が血まみれになった現場

以前、アメリカでコールガールが客にめちゃくちゃに殴られた事件を紹介したことがある。(ブラックアジア:殴られた娼婦の痛々しい写真。事件にならない夜の暴力

こうした事件は世界中で日常的に起きているのだが、犠牲者が売春ビジネスの女性であることが分かると、ほとんど詳細に報道されることはない。いや、記事になることもない。

なぜか。売春する女性が殴られたりレイプされる事件というのは、あまりにもありふれていて意外性も何もなく、誰も関心を寄せないからだ。

上記の事件がニュースになったのは、客の男がテレビに出演したことのある男だったからであり、そうでなければ右から左へと流されて闇に消えていた。

売春する女たちが巻き込まれる事件というのは、行方不明になっても殺されても数行で終わるような記事でしかない。

世界で言う「コールガール」は日本で言うところの「デリヘル」だ。日本ではデリヘル嬢が警察沙汰になるような事件は皆無ではないがめったにない。そのために今のところはニュースバリューが存在し、事件はそれなりに報道される。

しかし、血まみれになった現場が映ることはほとんどない。しかし、今は被害者がSNSで何が起きたのかをアップする時代だ。

2018年6月12日に起きた事件は、被害者のSNSで事件の現場が公開された。(現在は、すでに消されている)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事