インドという超混沌国家と、それをまとめ上げたガンジー

NO IMAGE

インド独立の父マハトマ・ガンジーは、1948年1月30日に暗殺されている。2018年の今年で、ちょうど70年になる。

国家独立と言えば、強大な軍隊を率いて多くの血と暴力によって勝ち取るケースが多いのだが、ガンジーのやり方はまるっきり逆だった。非暴力を貫いて独立運動をしたのである。

軍隊を持たないガンジーは、何を武器にしてインドの民衆をまとめあげたのか。そして、何を武器にして宗主国(マスターカントリー)であるイギリスに対抗したのか。

マハトマ・ガンジーは稀に見る人格者だった。他人には強制しなかったが、自らには非所有、禁欲、断食、清貧、純潔で縛り、さらに非暴力をも貫いた。

こうした強烈な人格者としての生き様は人々に感銘を与え、そして多くの賛同者を呼び寄せることになったのが、こうした人々をまとめ上げたのはガンジーの言葉と説得力である。

ガンジーの独立運動は「非暴力・不服従」が徹底されていたのだが、それはガンジー自身がそうしていただけでなく、ガンジー自らが信念を持ってそれを人々に説いて納得させ、大きなうねりにしていた。

ガンジーは、言葉による主張を通して祖国インドを独立に導いたのである。(鈴木傾城)


プロフィール:鈴木傾城(すずき けいせい)

作家、アルファブロガー。政治・経済分野に精通し、様々な事件や事象を取りあげるブログ「ダークネス」、アジアの闇をテーマにしたブログ「ブラックアジア」を運営している。「鈴木傾城のダークネス・メルマガ編」を発行、マネーボイスにも寄稿している。

物乞いまで自分に喜捨するように説得してくる国

ところで、このガンジーの言葉の説得力と力強さは、実はガンジーだけの特質ではない。

インド人の政治家はみんな雄弁であり、言葉は巧みで演説は長く説得力に満ちている。インド人の政治家も壇上に上がって演説を始めると、原稿も見ないで延々と1時間でも2時間でも話している。

政治家だけではない。ビジネスマンの押しの強さ、粘り強さ、交渉のうまさも東南アジアや東アジアのものとはまったく違う。言葉を操る能力に関して、インド人は凄まじい能力を持つ。

これは、インド圏をさまよったことのある人間なら誰もが納得するはずだ。良くも悪くも自己主張は非常に強い。話していると、まるでクモの糸に絡め取られるかのようにやられてしまう。とてもかなわない。

商売人だけならまだ納得できるが、物乞いまで強く、したたかで、言葉巧みだ。

物乞いなのに小銭では満足せず、抱えている子供がいかにかわいそうかを堂々と訴えて喜捨(バクシーシ)をするように「説得」してくるのである。

当然、女性の物乞いでも性根が据わっていて、「金を出せ」と激しく突き上げてきて折れない。

東南アジアでは、このような激しい交渉をする状況はあまりなかった。タイの歓楽街の女性も常に金を狙っているが、それでもタフな交渉相手ではない。

「私は可哀想だから金を払いなさい」という主張

東南アジアの売春地帯の女たちは、タフだ。そして頭の回転も速い。しかし、彼女たちは男たちと全面対決するような強い交渉はしない。

仮に激しい口論になったとしても、インド人の執拗さ、執念深さに比べると、明らかに見劣りがする。

それは、東南アジアには人と人が対立するのを嫌う「謙譲の文化」が根底にあるからだ。

謙譲とは、「へりくだり、譲ること」と辞書にある。日本でもそうだが、「譲り合う」ことは美徳である。互いに譲り合うことで物事はスムーズに進むと考える。「場」の空気を大切にしようとする。

だから、自己主張して「場」が壊れるのであれば、自己主張はしない。これは上から下まで徹底している。たとえ自分が強く求めるものがあっても、大っぴらに自己主張はしない。

たとえば日本のホームレスで、「私は可哀想だから金を払いなさい」「もっと金を出せ」と自己主張する人を見たことがあるだろうか。

断っても断っても折れず、何十メートルも付きまとってくるホームレスに絡まれたことがあるだろうか。私も日本の貧困地区には山谷・あいりん地区・寿町と泊まったり歩いたりしてきたが、そんな目に遭ったことは一度もない。

ところがインドでは、どこに行っても朝から晩まで付きまとわれて「お金ちょうだい」「バクシーシ」「お腹空いた」「赤ん坊にミルクを」と付きまとわれるのである。

欧米人のバックパッカーが激怒して子供と激しい口論をしている場面も珍しくない。

「お前の神は、俺の敵」という入り組んだ宗教

インドは国民の多くがヒンドゥー教を信じている。そこにはヒンドゥーは戦う神、怒り狂って手のつけられない神、セックスにまみれた神に溢れている。

私が知り合った女たちは、シヴァ神を信じる女性が多かった。中には、サルマーンやドゥルガーやパールバティやガネーシャなどを自らの守護神にしているインド人もいる。

それぞれの神にいくつものエピソードがあり、人々の荒々しい原始の感情、人間の持つあからさまな欲望は、すべて神々に投影され、誇張され、神話のスケールに増幅される。何もかも剥き出しであり、直接的である。

そして、それぞれの神が他の神と対立しているのだが、そのためにヒンドゥー教は同じヒンドゥー教徒でも信じる神が違えば微妙に対抗心や対立感や敵愾心があってまとまれない。

「お前の神は、俺の敵」という対立もあるのだ。

シヴァ派、ヴィシュヌ派、クリシュナ派、カーリー派……と、神によって違う文化と思想がある。それぞれが「自分の信じる神こそが一番だ」と主張しあっている。

それだけではない。インドの混沌に輪をかけているのが、ヒンドゥー以外の宗教である。

仏教、イスラム教、シーク教、キリスト教もすべてインドで定着して、それぞれの信者を持つ。

今、インドで爆発的に人口を増やしているのがイスラム教だ。現代のインドでは、カーストの底辺にいる人々が自分たちの不遇に反撥してイスラム教徒になっていく流れができている。

彼らは最初からインド多数派のヒンドゥー教徒と折り合いが悪く、周期的に対立・衝突・殺し合いが起きている。

同じ国でも言葉が通じないのがインドという混沌

インドの混沌は、それだけではない。インド人とひとことで言っても、北と南、東と西ではまったく人種が違う。

イラン側から侵入して来たアーリア系という侵略者、中国・モンゴル方面から侵入して来たモンゴロイド系。そして南アジアに土着していたドラヴィダ系。

それぞれの民族は異なった歴史を持ち、異なった言葉を持ち、異なった文化を持つ。ひとことに「異なった言語」と言うが、主要な言語だけでも、数え切れないほどだ。

ヒンディー語、ベンガル語、テルグ語、マラーティー語、タミル語、ウルドゥー語、グジャラーティー語、カンナダ語、マラヤーラム語、オリヤー語……。

パンジャービー語、アッサム語、カシュミーリー語、スィンディー語、ネパーリー語、コーンカニー語、マニプリー語、サンスクリット語……。

インド人は、実は数多くのジェスチャーを多用する民族でもある。表情も豊かだ。

インド女性も多くのボディーランゲージを使う。その表現や表情が魅力的で私は引き込まれたものだった。しかし、よくよく考えれば「言葉では通じない」からボディーランゲージが発達したのだとも言える。

そして、言葉が通じないからこそ自己主張しなければ分かってもらえない。それがインドなのである。

インドという国はひとつだが、中身はカオスだ。完全に違う存在が凝縮されてそこにある。だからこそ、インド人は生きるために自己主張しなければならなかったと言える。「自己主張の文化」だ。

ブラックアジアの有料会員を募集しています。よりディープな世界へお越し下さい。

そんな国をひとつにまとめ上げたのがガンジー

単一民族であれば主張などしなくても、目が合っただけで分かり合える。「謙譲」の文化だ。しかしインドは、恐ろしいほどの雑多な文化・思想・民族・宗教・言語・社会・階層を無理やりひとつに包括した国である。

インドは単一民族でもない。言葉も文化もバラバラだ。宗教も違う。身分制度もある。国土も広い。

北と南、東と西では、同じインドでも外国も同然だ。何も分かりあえない。だから、訴え、叫び、説得するのである。そういう世界である。

これほどまでに違うものを抱えていると、分かり合うために、自分たちの特徴を主張しなければ、その他大勢に埋もれて永遠に無視されて顧みられない。

また、自分たちの民族や宗教が勢力を広げるという野望があるのなら、その利点を説き、圧倒するしかない。

相手に飲み込まれないためには、それぞれの個体が自らの生存を示すために、声高に権利を主張する。そうやって長い時間をかけて、インドという国は「主張する民族の国」になっていったと考えられる。

だから、インドでは女も男もタフな交渉人になる。

決して折れないし、あきらめない。自らの利益を主張することにかけては、執拗で、強迫観念に取り憑かれているようにも見える。自己主張しないと誰も相手にしない。それほどインドは厳しい社会なのだということでもある。

そんな国をひとつにまとめ上げたのがマハトマ・ガンジーという傑出した人物であった。果たしてインドは第二のガンジーを生み出すことができるのだろうか?(written by 鈴木傾城)

このサイトは鈴木傾城が運営しています。本文を他サイトへ無断転載する行為は固くお断りします。この記事の有料転載、もしくは記事のテーマに対する原稿依頼、その他の相談等はこちらにメールを下さい。

ガンジーの独立運動は「非暴力・不服従」が徹底されていたのだが、それはガンジー自身がそうしていただけでなく、ガンジー自らが信念を持ってそれを人々に説いて納得させ、大きなうねりにしていた。
電子書籍『コルカタ売春地帯(インド最底辺の女たちとハイエナの物語)』 [Kindle版]。クリックで、アマゾンの販売ページに飛びます。ストーリー自体は創作なのですが、「ブラックアジア的小説」とあるように、女性たちの運命はすべて創作したというよりも、売春地帯で実際にあった事件や女性の境遇をいくつも反映しています。

ツイッターで鈴木傾城をフォローして頂くと、執筆・更新状況などが総合的に分かります。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net