◆からゆきさん(1)シンガポール史の裏面に、明治の女性の影

NO IMAGE

シンガポールは清潔で最先端の国だが、この国にも売春地帯がある。それは政府公認の売春地帯であり、今でもそこでは哀しい目をした女性たちが立っている。

こういった女性たちの姿については、ブラックアジア第二部で詳しく触れた。(ブラックアジア第二部

そこに立っているのは、スリランカ女性、インド女性、インドネシア女性、タイ女性、ラオス女性、ミャンマー女性、そして中国本土の女性たちだ。

シンガポール自体は多民族国家であるが、実質的には華僑(華人)を中心とした国家であるのはよく知られている。

しかし、シンガポール売春地帯の中心は、華人の女性たちではない。すべて外国から呼び寄せた売春女性なのである。

ここに現代の日本女性たちが立つことはない。しかし、1800年代のシンガポールの売春地帯の中心だったのは、実は日本女性だったという事実はもう語られることはなくなった。

これは事実である。彼女たちは故郷では「からゆきさん」と呼ばれる女性たちであった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事