◆アフリカの眠れる時限爆弾。ナイジェリアは混乱国家の典型

NO IMAGE

ナイジェリアの北東部の都市で、ここ数日に渡って爆破・銃撃・自爆テロが起きていている。

教会や警察・軍施設が相次いで襲撃されて、すでに死傷者は150名を超えていると言われている。

まだ正式な犯行声明は出ていないのだが、襲撃したのはイスラム過激派「ボコ・ハラム」である。

「ボコ・ハラム」というのは「西洋の教育は邪悪」という意味になる。彼らはイスラム法(シャリーア)による国家を目指して活動をしているテロ組織だ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事

blackasia.net