◆宗教を信じない人間は強姦魔やテロリストと同じになる理由

NO IMAGE

世界中の多くの国では「神」が普遍的に信じられていて、それが生活の中に溶け込んでいる。フィリピンではそれがキリスト教であり、インドネシアではそれがイスラム教であり、インドではそれがヒンドゥー教だった。

私はそのいずれの地域でも、それぞれの宗教を信じる女性たちと出会ってきた。そして、彼女たちが私の目の前で「神」を称えるしぐさや行為をするのを見てきた。

どこの国でも、最も虐げられている貧困社会の売春女性でさえも、神を称える。神に見捨てられているとしか思えないような女性でも、神を疑いもしない。

スラムでも、夜になると多くの人たちが町の片隅にある祠(ほこら)に集まって神を称えていた。今回、久しぶりにインドに行ってみたが、状況はまったく変わらなかった。

そこで知り合った女性たちも、貧民窟の売春地帯で壁に貼ったシヴァ神にお祈りをしていた。みんな、真剣にヒンドゥーのそれぞれの神を信じているのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事