◆ムカデの女。彼女を抱く男は、ムカデのような存在なのか

NO IMAGE

バンコクは数日ほど灼熱の日々が続いていたが、この日は違った。どんよりと曇っていて遠くに黒く低い雲が見えて風が冷たかった。

泥棒よけの鉄柵の入ったホテルの部屋から外を見つめて、雨が来ると思って待っていたが、いつまで経ってもそれは降ってこなかった。

最近はいつもそうだが、この日はいつにも増して偏頭痛が執拗に頭を締めつけていて気分が悪かった。頭痛薬は飲んでいるが、もう薬自体の耐性ができてしまっているのかまったく効かない。

異国の地で、ひとりぼっちで、体調が悪くて歩きまわることもできず、ここ数日はほとんど誰とも話をしていない。話をするのも億劫なほど体力の消耗を感じていた。

自分の身体のことなど考えたこともない昔が懐かしい。快活に笑ったり、数時間も歩きまわったり、灼熱の太陽を心地良く思ったりすることもあったはずなのに、そんなのは遠い遠い昔の夢のようになってしまった。

ここは、もはや死んでいるに等しい街だった

うとうとしていたら、突然雨が落ちてくるけたたましい音がして暗い部屋の中がいっそう暗くなった。雨が上がったら食事に行って、すぐに部屋に戻ろうとぼんやりと考える。そうやって一日が過ぎていく。

実際に雨がやんだのが夕方頃だった。雨は完全にやんだわけではなく、霧雨のようなものが降っていたが、気温は低くて快適だった。

ホテルの近くの流行っている屋台でだらしなく食事をし、ホテルに戻ってただ息を吸って吐いていたら夜になっていた。

夜は好きだ。相変わらず体調は悪かったが、あまりにも寂しくて誰でもいいから話をしてくれる人が欲しかった。

誰かが一緒にいると面倒だという気持ちになるのだが、ひとりでいると寂しくなる。最近は、どうかしているのかもしれない。

この日はフアランポーン駅からかつてジュライ・ホテルがあった場所の近くの死んだように静まり返っているあのストリートが懐かしく思ったので歩いてみたいと思った。

昔はものすごい賑わいのあった場所だったのだが、今はもう死んでいる。忘れ去られ、観光客もひとりもいない。タクシン・シナワット元首相は再開発すると言っていたが、クーデターで放逐されて話は消えた。

ヤワラー(中華街)は確かに賑わっているが、フアランポーン周辺はもはや街自体が老衰してしまったかのようだ。いったいこの寂寥感はなんだろう。ここは時間がとまってしまったかのようにさえ見える。

時おり強い漢方薬の匂いがするのだが、そういった匂いが意図せず若者などを遠ざけているようにも思える。かと言って老人たちを引き寄せているわけでもない。誰もいない。

葬儀屋もあって棺桶を売っていたりするが、それも良くないのかもしれない。この付近にはそんな華僑系の棺桶屋が何軒もあったりするのだが、そんなに棺桶屋は儲かるものだのだろうか?

日本で棺桶を売っている場所は知らないが、ここでは子供用の小さなものから大きなものまで、色のバリエーションも豊富な棺桶が選べるようになっている。

この日はもう、そんな棺桶屋も閉まっており、薄暗い街灯の中で夜の街は静まり返っていた。

歩いているのは自分だけしかいない。雨上がりの夜の街はタイ人も歩くのを嫌うので、この日はよけいに人がいなかったのかもしれない。

車が通るのでかろうじてゴーストタウンになるのを免れているが、パッポンやスクンビットの喧騒と比べると、もはや死んでいるに等しいとも言える。

棺桶屋の写真。十年前以上も前から何ひとつ変わっていない。

緑色のTシャツを着た娘

しかし、しばらくすると道を挟んだ向こうに数人の陰がうごめき、同じ方向に歩き出した。全員がこちらを見ているらしいのに気がつく。夜の陰の中でよく見えないが、女たちであるのは格好で分かる。

男の歩く速度に合わせて、向こうも5人ほどの女がゆっくりと動く。つけ狙っているかのような女の影だった。

道の角のところで建物から灯りが漏れていて、女たちの上半身がぼんやりと照らしだされたが、彼女たちの顔や歳を確認できるほどではなかった。しかし、直感的に若い女性たちのように思えた。

このあたりは40歳や50歳の娼婦がいるのも珍しくない。場合によっては60歳過ぎの娼婦さえ存在する。北京飯店の入口辺りの屋台でクイティオでもすすりながら、彼女たちは通りがかる男にアイ・コンタクトを送っているのである。

しかし、獲物を狙って集団で歩き回っている女たちは体力がある証拠だから50や60過ぎの娼婦とは違う。試しに立ち止まると、女たちも立ち止まる。

そのうち女のひとりが手を振ってきたので、ゆっくりと道を横切って女たちのほうに向かっていった。近づくと、女たちが全員20代前半であることが分かった。

全員ニコリともしない。ただ、じっと見つめるだけだった。女たちが笑っていないのは、もちろん男が気に入っていないからだ。

こちらは右足をかばうように歩いて、動きも緩慢だった。体調の悪さは顔にも出ているはずだから、彼女たちも目の前の男が病人であることくらいは分かるだろう。

売春地帯では金のない男の次くらいに病人が嫌われる。看護婦ではないから、あからさまな病人は誰も近寄らない。肉体接触しなければならないのだから当然だ。

だから、この男は大丈夫なのかと暗がりからじっと窺っているのだった。

5人の女たちはどの女も特に化粧が濃いわけでもなく、馴れ馴れしくもない。売春ビジネスには慣れているらしいのは物怖じしない態度で分かった。

かと言って、化粧や格好からするとプロでもない。セミプロの女だと判断するのが妥当なところだ。

女たちをじろじろ見つめていると、女のひとりが”arai na?”(何よ?)と尋ねた。

まとわりついて来たのは女たちの方なのに「何よ?」というのがおかしかった。” mai mii arai.”(なんでもないよ)と答える。

女たちは男が病的な外国人であっても、何とかまともに会話できるのを知って安堵したようだった。

そのうちにひとりの女と目が合うと、彼女は軽く眉をピクリと上に持ちあげて合図を送って来た。

彼女が合図してきたという理由だけで彼女を選んだ。緑色のTシャツを着たあまり特徴のない娘だった。

“tawrai khrap?”(いくらなの?)
“400bath”(400バーツよ)

このあたりでは妥当な相場だった。”O.K.”と答えると、他の女たちが去っていき、その女と近くの旅社(華僑系列の安宿)に向かう。

taka氏より頂いた写真。ジュライそばの、女性付き旅社付近。昼間から歳を取った女性たちが集まっている場所だ。

彼女は、目ざとく私の体調の悪さを見抜いた

この安宿は昔よく利用していたところだった。久しぶりに行くと、やはり数十年も時間が止ったままのように何ひとつ変わっていないのに逆に驚く。

世の中の激変は届かないところにはまったく届かない。911事件も、タクシン政権の崩壊も、リーマン・ショックも何もかも無視して、このホテルは数十年前と同じ古さのまま、時計がとまったように進化が止まっている。

階段のわきにやや厚化粧の女が立っていたが、彼女をちらりと見ただけでそのまま二階に向かった。ちらりと見ただけでも巧妙な化粧を施した彼女がレディーボーイなのは分かった。

今やタイの夜の街にはどこにでもレディーボーイがいる。タイは世界でも類を見ないレディーボーイの国になってしまった。

“I know, She is Ladyboy”(彼女はレディーボーイだね)とつぶやくと、彼女はニヤリと笑って”Do you like Ladyboy?”(レディーボーイは好きなの?)と尋ねてきた。

“No, Pom chorp puu-ying”(好きなのは女だよ)

切なく階段を上るのを彼女は手を貸してくれたが、無愛想な旅社の経営者に金を払って部屋に入ると、またもや気分が悪くなってきた。

幸い吐き気はなかったが、後頭部から鈍い痛みがズーンと繰り返しやって来ていた。

“you, sick?”(あなた、病気なの?)

彼女は目ざとく体調の悪さを見抜いたようで、不安そうな顔をしてこちらを見ていた。”mai pen rai”(大丈夫だよ)と答えたが、彼女は納得しなかった。

“AIDS?”(エイズなの?)

そうではないと言って、事故に遭ったことや、頭痛が取れないことや、身体のあちこちが痛むことを説明したり、砕けた顎の傷跡を見せたりして、そのせいで体調が悪いことを説明した。

彼女は相手の体調の悪さに少し怯えていたが、目の前の男はAIDS(エース)ではないと無理やり自分は納得させてセックス・ワークを続ける決意はしたようだ。

男が「自分はAIDSではない」と言ったら、女はもうそれ以上追及することはできない。売春地帯では何もかもが闇の中で、すべては成り行きで決まる。

この旅社のシャワールームは想像を絶する汚さで、さすがにタイの女たちもここでシャワーを浴びたいという気持ちにはならないようだ。

彼女は緑色の服を脱いだ。そのあとデニムのミニスカートを脱ぐと、彼女のヘソの横に彫られたタトゥーを見てぎょっとした。

彼女のヘソの右側でのたくっているタトゥー

彼女のヘソの右側でのたくっているのはムカデのタトゥーだった。それもシンボル化されたタトゥーではなく、生々しいリアルな陰影のあるものである。

若い女性の肌に一生消えないこの生々しくおぞましいタトゥーは、彼女に対する懲罰にも見えた。蝶々だとか花なら分かる。サソリもあの形を好む人間は多い。しかし、彼女はよりによってムカデである。

そういえばタイに、ムカデと何日も暮らした、サソリと何日を暮らしたとギネスブックに載るような人間もいたのを思い出した。

タイの家ではどこでもアリでもヤモリでも入ってくるのでムカデもいるだろう。子供の頃からそれを見ていて、ムカデに愛着を持つ人間が出てきてもおかしくないのかもしれない。

好きでないにしても、ムカデに対する抵抗感は日本人よりも相当少ないはずだ。そうすると、これをタトゥーにしたいと思う女も出てくるのだろうか。

“Khun chorp nee mai?”(これが好きなのかい?)
“Ka”(うん)

あっけに取られてそれを見ている姿を彼女はじっと観察していた。男がそれを見て驚く姿が彼女には楽しいのかもしれなかった。こんな変わった女がいるのか、と嬉しくなった。

ムカデの女だ。

その生々しいムカデのタトゥーが男も気に入ったというのは彼女にも分かったようだった。

それは彼女が下着を脱いでベッドに横たわると、ますます凄みを増した。

彼女は陰毛を剃ってパイパンにしていたのだが、そうすると開いた足の陰部側から見ると、まるでそのムカデは陰部から這い出して腹をのぼっているように見えたのだ。

しっぽの先が彼女の陰部を指しており、このあたりに彫師のこだわりが見えた。今までいろいろな女たちのタトゥーを見てきたが、タイで見るそれはどこか素人くさいものが多かった。しかし、これは違う。細部まで計算されたものだ。

1947年、終戦2年後に発表された田村泰次郎の『肉体の門』という小説の中で、白い刺青を入れた女の逸話があった。普段は見えないのだが、酒を飲んで肌が朱に染まると白い刺青が浮き出るのだという。

パンパン(外国人相手の売春)をしている主人公がそれを「いやらしい」と思いながら正攻法の刺青を入れているのだが、その白い刺青と同様の効果がこのムカデにはあった。性的なニュアンスが隠されていた。

もしかしたら、ムカデそのものもペニスの隠喩でもあるのかもしれない。

あるいは、「わたしを抱くあなたは、このムカデのような存在なのだ」という彼女の無意識でもあるのか。

このムカデを受け入れないと彼女は抱けない。逆に、それを受け入れる男を彼女は受け入れる。

彼女を、受け入れた。

ムカデを彫った女を抱き、ムカデを指でなぞる男に、彼女は誇らしげな表情をして見つめていた。これは彼女の象徴(イコン)だ。

思えば、彼女は特に目立った特徴があるわけではない普通の娘だった。美人でもなければ醜いわけでもない。背が高いとか低いとか痩せているとか太っているというのもない。

人に混じったら、たちまち見失うような平凡な外見である。それなのに、裸になったときのこのインパクトの強さは何とも言いようがない。

求めていたのは、まさにこういう強烈さだった。驚かせてくれる女が今の必要だったのだ。このムカデの女を手放したくなかった。こんな女が好きだ。

タイはどこにでもタトゥー屋がある。腕は玉石混交のようだ。

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

タイ編カテゴリの最新記事