◆赤い瞳のリリー。ジャカルタの娘に振り回された夜(1)

◆赤い瞳のリリー。ジャカルタの娘に振り回された夜(1)

インドネシア編
インドネシアの首都ジャカルタ・コタ地区ジャラン・テー(Jl.Teh)にある置屋で会った娘のことを思い出すと、とても複雑な気分になる。

彼女の名前はリリーと言った。猫のような目を持ったキュートでかわいらしい娘だった。

この置屋は舗装もされていないわき道にある寂れて汚れた建物のひとつであり、看板さえ出ていない。

店かどうかは一見してまったく分からないし、入り口は狭くて飾りらしい飾りもなく殺風景この上ない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事