◆「日本の女を売ってくれ」人身売買することを薦められた日

NO IMAGE

インド編
あなたは手っ取り早く金が欲しいだろうか? 真夜中のアジアに沈没していると、様々な人間が、様々な「手っ取り早く金になるビジネス」を持ちかけてくる。

バンコクでは「パスポートを売ってくれ」と言われた。日本人のパスポートは高く売れる。それを、買い取ってもそれを転売すれば金になる。利益は折半だと言われた。

「結婚して日本に連れて行ってくれ」と提案されたこともあった。「日本に入ることができたら金を払う」という。偽装結婚だ。日本に連れて行くと金になる。

そうかと思えば、インドネシア・バタム島では親しくなった用心棒たちにこう言われた。「金持ちの日本人を紹介してくれ。あとは、我々でうまくやるから」

そして、インドではこう言われた。

「日本の女をここに連れてきてくれ。金は払う」

インド各地の人身売買のブローカーから女たちを買い、売春宿に放り込むビジネスをしているこの男は本気だった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事