◆サルモネラ菌。ありふれた食中毒なのに、症状は劇症だった

NO IMAGE

アメリカのカリフォルニアで、サルモネラ菌に汚染された冷凍キハダマグロを「寿司」として食べていた外国人が軒並み感染して5月には26州で316人の感染者が見つかった。

アメリカのこの寿司屋では、他にも全体の55%が表示とは違う別の魚が使われていたという偽造も発覚しており、偽造に食中毒のダブルパンチのダメージとなっている。

サルモネラに汚染された食物を食べると、人間の胃腸に生きたまま棲息して胃腸壁を食い荒らすので激痛と共に病院に運ばれることになる。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事