◆アジアの夜の世界も、やはり「彼ら」が掌握している

NO IMAGE

インドネシア編
インドネシア・リアウ諸島も奥地の島に入っていけば、シンガポール資本の影響力も急激に薄れていく。せいぜい、シンガポール資本が目に付くのは、バタム島、ビンタン島までだ。

あとはあまり目立たない。

また、バタム・ビンタン以外の島になると、ジャカルタの中央政府の政策も届かない。だから、そこでは何もかもが中途半端に放り出されている。

さしたる産業もなく、地域振興もない。スズなどの資源はあるが、たがか知れている。重要な拠点でもない。つまり、金を生み出すものが何もない。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

売春地帯をさまよい歩いた日々カテゴリの最新記事