◆キリスト教国フィリピンを熱狂させる「ブラック・ナザレ」

NO IMAGE

フィリピンはキリスト教の国だ。だから、フィリピンの女性はどんな女性でも胸に十字架が光っていることが多い。彼女たちが愛しているのは、目の前の男ではなく「イエス・キリスト」だ。

そのキリスト教は「姦淫」をはっきりと戒めている。また7つの大罪のひとつが「色欲」である。

宗教を信じていない人間にとって、キリスト教が何を言っても特に関心を惹くことはない。

しかし、キリスト教徒の売春女性にとって、堕落した世界をさまようハイエナのような男たちがどのように見えるのかは関心があった。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事