◆ルーマニアで残虐にレイプされて殺された20歳の日本女性

◆ルーマニアで残虐にレイプされて殺された20歳の日本女性

ルーマニアで、益野友利香という聖心女子大学の20歳の女性がレイプされた上に殺害されている。

2012年8月15日、彼女はルーマニアの首都ブカレストのアンリ・コアンダ国際空港に着いた。

前日に成田空港から出発し、ウィーンを経由してルーマニアに入るという航路だった。

彼女はアイセックという学生団体のNPOによる研修で、ルーマニアで日本語を教えるのが目的だったのだが、受け入れる側の人間は迎えに来ていなかった。

空港でひとりでいる彼女に、ブラッド・ニコラエという26歳の男が声をかけた。

「クラヨーヴァに行く手助けができる」と執拗に説得され、彼女はこの男と一緒にタクシーに乗った。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事