◆1950年代の女性たちの肉体は、今よりもずっと自然に感じる

NO IMAGE

1950年代と言えば、もう今から60年も前だ。

アメリカはハリー・トルーマンやドワイト・アイゼンハワーが大統領をやっていた時代、そして、エルビス・プレスリーが時代の反逆児として「顰蹙(ひんしゅく)」を買っていた時代だ。

日本はまだ戦後まもなくで、ほとんどの人たちは生きるか死ぬか必死だった。やっと戦争の大混乱が終わって、少しずつ復興が肌で感じられてきた時代と言おうか。

そんな時代、アメリカでは多くの男たちが、ヌードショーやストリップショーを楽しみ、写真にも残る女性が出てくるようになった。

1950年代の女性の身体とはどういう身体だったのだろうか。今の女性とは何か違う部分はあるのだろうか。

もちろん、人間の身体が50年や60年で劇的に変化するわけでもないので、女性たちの肉体は「別種のもの」ではない。

しかし、違いはもちろんある。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事

blackasia.net