殺戮大陸メキシコの狂気(4)メキシコで安全な人間は誰もいない

NO IMAGE

閲覧注意
マリソル・バジェスという女性がいる。メキシコで麻薬戦争が吹き荒れる中、警察署長のなり手がなくて唯一立候補した女性である。

彼女は20歳の大学生で、しかも子供もいた。しかし、麻薬組織と戦う男が皆無になったので、彼女が立候補した。

殺される可能性が非常に強い中で、彼女は一緒に立ち上がってくれる人が出てくるかもしれないと願い、警察署長になった。(市長も殺害される暴力国家の新しい警察署長は20歳の女性だった

それは本当に危険なことである。だから上記のリンク記事の中で私はこのように書いた。

『マリソル・バジェスさんが「いつ殺されるのか」「どのように殺されるのか」を心の中で思っているはずだ。殺されるとなると、恐らくとても残虐な殺され方になるだろう』

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

閲覧注意カテゴリの最新記事