◆バイアグラを数える妻、サリー・チェアレンの起こした事件

NO IMAGE

イギリスのある裕福なビジネスマンだったリチャード・チェアレンという61歳の男が自分の妻に惨殺された事件があった。

ある日、彼が何気なく朝食を食べているとき、彼の妻だったサリー・チェアレンがハンマーを持って後ろに立ち、そして彼の頭を目がけて12回も振り下ろした。

妻サリーは自分の夫が呼吸をしなくなったのを確認したが、絶対に息を吹き返さないために、そのあとにタオルを夫の口に詰めた。

妻は確実に彼を殺したかったのだった。

リチャード・チェアレンは、殺される6年前ほどから浮気していた。インターネットの出会い系サイトや売春宿で売春女性を探し、交渉し、そして性交渉を持っていた。

サリーはそれに気がついたのだが、そのきっかけになったのはバイアグラだった。

自分とは性交渉をしていない夫が、バイアグラの錠剤を隠し持っていたのである。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

一般カテゴリの最新記事