◆6億人がトイレのない住居に暮らすインドは変われるのか?

NO IMAGE

インドでは6億人が絶対貧困の状態にあり、スラムか、スラムに類するような場所で暮らす。家の中にはトイレはない。

首都ニューデリーですら、トイレのない家が山ほどあり、彼らは朝になると線路脇にしゃがみこんで排泄を行う。だから、ムンバイでも鉄道脇のスラムを歩いていると糞尿のニオイがずっと漂っていたりする。

これは、ムンバイでも、コルカタでも変わらない。コルカタのスラムでは鉄道が近くにないときは川沿いがそれに取って代わっていた。川沿いの土手が自然トイレと化していて、豚がそこに放し飼いされていたりする。

その糞尿の土手の向こう岸では濁った水で誰かが川に浸かって沐浴している。インドは今でもそのような国なのだ。

家の中にテレビがあっても、冷蔵庫があっても、トイレがないことは珍しくない。

こういった現状に嫌気がさしてトイレを個人で設置しようとしても水洗トイレは難しい。なぜなら、インドでは下水設備がないことの方が多いからだ。大都市ムンバイでさえもそうだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ブラックアジア会員登録はこちら

CTA-IMAGE ブラックアジアでは有料会員を募集しています。表記事を読んで関心を持たれた方は、よりディープな世界へお越し下さい。膨大な過去記事、新着記事がすべて読めます。売春、暴力、殺人、狂気。決して表に出てこない社会の強烈なアンダーグラウンドがあります。

会員制カテゴリの最新記事